トップページ >> 活動報告 >> 政務調査費の報告

活動報告 -井上わたるの日々の活動報告を掲載しております。-

政務活動費の報告

政務活動費は、県議会議員としての調査・県政報告活動などのために、支給されています。
このページでは、年度ごとに政務活動費の項目別使途についてご報告します。

平成27年度

平成27年度収支報告 (無所属県民会議 和光支部) PDF
(平成27年5月1日〜平成28年3月31日)

=平成27年度の活用方法について=

平成27年度は新たな任期の初年度となりました。前任期から続けている収支報告書の公開を引き続き行います。(所属する会派「無所属県民会議」全員が同様に公開しています。) 今年度も例年同様、情報発信に重点を置き、「広報紙等発行費」等の広報活動に政務活動費の主な部分を充当しております。また今年度の特徴は、会派「無所属県民会議」を設立し、会派としての活動が一層積極的になったため、各支部ではなく会派本部における出費が多くなりました。結果として、総支給額5,390,000円に対して、利用額合計が4,357,133円となりました。差引1,032,867円が残余額となり、県に返還いたしました。

平成26年度

平成26年度収支報告(刷新の会 和光支部)PDF
(平成26年4月1日〜平成27年3月31日)

=平成26年度の活用方法について=

平成26年度も、例年同様、情報発信に重点を置き、「広報紙等発行費」・「ホームページ作成費」等の広報活動に政務活動費の主な部分を充当しております。但し、平成26年度は任期最終年度となり、発行する「配るホームページ(県政報告)」にも新しい政策を掲載する等、選挙を踏まえた内容も増えたため、そうした内容の紙面については政務活動費を充当しないようにしております。また一般質問の機会を得たことや、会派としての政策研究にも重点を置いたため、「調査研究費」として積極的に活用させていただきました。


平成25年度

平成25年度収支報告(刷新の会 和光支部)PDF
(平成25年4月1日〜平成26年3月31日)

=平成25年度の活用方法について=

従来は「政務調査費」と呼ばれていましたが、平成25年度より「政務活動費」と名称が改められました。
使用出来る範囲も一部拡大されましたが、私はこれまでと同様、情報発信に重点を置き、「広報紙等発行費」・「ホームページ作成費」等の広報活動に政務活動費の主な部分を充当しております。また25年度は議員連盟の活動が盛んであったこと等により 「グループ活動費」が増え、加えて、広聴活動に力を入れるため、茶話会の開催や各団体との意見交換会に伺う機会が増えたため「広聴費」が増えました。


平成24年度

平成24年度収支報告(刷新の会 和光支部)PDF
(平成24年4月1日〜平成25年3月31日)

=平成24年度の活用方法について=

平成23年度は改選後の初年度だったため支給総額が11か月分でしたが、24年度から12か月分が支給されています。平成24年度は昨年度同様、情報発信に重点を置き、「広報紙等発行費」・「ホームページ作成費」等の広報活動に政務調査費の主な部分を充当しております。また24年度は県内施設への視察を多く行なったため、交通費が前年比で増加しています。なお、「事務費」は事務所の光熱水費および備品、消耗品の購入などが該当します。


平成23年度

平成23年度収支報告(刷新の会 和光支部)PDF
(平成23年5月1日〜平成24年3月31日)

=平成23年度の活用方法について=

平成23年度は県議会議員として活動を始めた初年度のため、事務所設立の初期費用として「事務所費」を多く計上させていただきました。
また、議会での質問を行うにあたり、専門の調査研究機関の協力を得て仕上げたため、「調査研究費」を活用しています。
そして、私は皆さまへの情報発信を大切に考えているため、「広報紙等発行費」・「ホームページ作成費」等の広報活動に政務調査費の主な部分を充当しております。 
ちなみに「事務費」は事務所の光熱水費および備品、消耗品の購入などが該当します。




※なお、詳細なデータも整理しております。ご覧になりたい場合は井上航事務所までお問い合わせください。